[ゲーム雑記] 元アーケードゲーマー現スイッチ勢の私が選ぶ2018年のGame of the Year(Nintendo Switch)+おまけ

2019年1月23日

ここでは元アーケードゲーマー現スイッチ勢の管理人が実際に遊んだ、、、2018年のGame of the Year(Nintendo Switch)を勝手に紹介します。

補足事項

  1. 2018年にNintendo Switchでリリースされたソフトが対象です
  2. 基本的には管理人が実際にプレイしてクリアした(又は満足するまで遊んだ)ソフトを対象としています
  3. 評価の方針についてはゲームレビューに記載していますので宜しくお願いします

私が選んだ2018年のGame of the Year

2年目となるNintendo Switch ( ‘ – ‘*) まだまだ色々な可能性を秘めたハードで私が2018年に遊んで面白かったソフトは下記のソフト。

【1位】 → ゼノブレイド2 黄金の国イーラ(モノリスソフト)

 

もう最高過ぎてダントツの1位。本編ではホムラ派だった私を一瞬でヒカリ派へと洗脳させた恐るべき破壊力を持った感動作。本編をプレイしてるから結末わかってるのに、それなのに涙が止まらないってどういうことだよ 。゚(*´□`)゚。 本作をプレイすることで、それまで150点ぐらいだった本編「ゼノブレイド2」の評価が300点ぐらいになってしまいました。私の中で「天地創造」や「幻想水滸伝II」といった神ゲーと同じぐらい心に残った作品です。このゲームをプレイされる方は可能な限り本編「ゼノブレイド2」から遊んでください。そして「黄金の国イーラ」をプレイした後にもう一度本編を遊んでみてください。その時、以前遊んだ時とは違った「ゼノブレイド2」が始まります。そう、シンやメツ・・・そしてヒカリちゃんを救うための「あなたにとっての真のゼノブレイド2」が—(「黄金の国イーラ」は初期プロットでは本編の7話と8話の間に入る予定だった物語です。本編に入れなくて正解ですよ。こんなもんを入れられた日にゃ、襲い来る激しい喪失感から常人なら数日間は立ち直れない = 本編をクリアできない人が続出します)。

 人は一生の間に、どれだけの出会いと別れを繰り返すのだろうか
 命の灯火が尽きるその時、誰の顔を思い浮かべるのだろうか
 思い浮かべた笑顔と共に、眠ることができる者は幸せなのだろう
 そう— 永遠などいらない
 たとえ 刹那であっても、共にあればそれでいい—
 しかし— その機会を失ってしまった者はどうすればよいのだろうか—
 道は果てなく続いている、私は歩き続ける
 この道を往けばいつかはたどり着けると—
 再びあの笑顔に会える日がくると、そう信じて—

 俺の往く道はこの道だ、交わることはない
 だが— もし 再び交わることがあるのなら その時は—

誰よりも優しく、誰よりも強く、そして誰よりも戦いが嫌いだったイーラ最強のブレイド—シンとラウラが歩んだ物語は、本作の最後で流れる「A Moment of Eternity」の歌詞も含めて、涙無くしては語れません。


 

本編3周目途中(ヒカリ→ホムラ→ヒカリ) → イーラ2周目途中まで遊びました。本編もイーラもまだ完全に遊びきれていません。このゲームは本当に頭おかしいです。プレイされた方ならわかると思いますが、本編1周目を終えた時、その感動から「なんで私はヒカリを選んでしまったんだろう・・・」と後悔するわけです。そしてホムラを選んで2周目を終えるわけです。「終わった、私のゼノブレイド2は今、幕を閉じた!最高の作品をありがとう!モノリスソフト!」そんな人間が「黄金の国イーラ」をプレイして、あの本編へと続く展開を目の当たりにすれば、こう言葉を発するでしょう。「なぜヒカリちゃんを選ばなかったんだ・・・。もう・・ヒカリちゃん以外ありえないじゃないか・・・」と。

本編パーケージ、DLC、黄金の国イーラパッケージ、攻略本、限定版サントラ(USBメモリ版も欲しかったけど瞬殺で買えなかった・・・)、黄金の国イーラサントラ、クリアポスター、アクリルパネルなどなど・・・もうとりあえず片っ端から買いました。たぶんまだ買ってないのはプラモとフィギュアぐらいでしょう。

【2位】 → GRIS(Nomada Studio)

 

もはやゲームではなくアートですね。説明も最小限で言葉もない作品なのに、こんなにも感情を揺さぶられるなんて・・・。素晴らしい作品だったのでレビュー攻略も頑張りました。ぜひ遊んでみてください。

【3位】 → Bloodstained: Curse of the Moon(インティ・クリエイツ)

 

現代に蘇った「悪魔城伝説」。もうそれだけでも最高なのに、ちゃんとやり込み要素も用意されているのが嬉しい。まだまだやり込み不足なので2019年も遊びます。

【その他のノミネートタイトル】
・カプコン ベルトアクション コレクション → レビュー 【個人的に好きです賞】
・OCTOPATH TRAVELER 【古き良きRPG賞】
・Wizard of Legend 【ベストPV賞】
・ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX 【無双で一番面白い賞】
・ドラゴンボール ファイターズ 【ベスト格ゲー賞】
・Will -素晴らしき世界- → レビュー / 攻略 【ベストアイデア賞】
・大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 【こんなものは殿堂入りだ賞】
・ライバル・メガガン → 攻略(放置気味) 【ベスト対戦シューティング賞】
・Fit Boxing (フィットボクシング) 【ベスト健康管理賞】
・ネコネイビー -デイドリーム・エディション- → レビュー 【ベストシューティング賞】
・SEGA AGES ゲイングランド 【出たばかりだけど最高です賞】
・ディアブロ III エターナルコレクション 【出てないけど海外版出てるしベストハクスラ賞】

※ 2018/12/28 追記
任天堂の2018年 おすすめソフトランキング
アンケート結果から、おすすめ度の高かったソフトのランキングが紹介されています。

【番外編:がっかりゲーオブザイヤー2018】
・バトルプリンセス マデリーン
Madelynちゃんには申し訳ないけど、、、理由はレビューを見てくれ・・・。

—あなたの中で今年はどんなゲームがブレイクしましたか?そしてどんなゲームでハートがブレイクしましたか?