[ゲームレビュー] ファイアーエムブレム無双 / 「無双シリーズ」の爽快感はそのままに「FE」の世界観を完全再現!主に「覚醒」「if」ユーザーにオススメする無双ゲー。

ファイアーエムブレム無双とは…

「無双シリーズ」と「ファイアーエムブレムシリーズ」のコラボ作品。任天堂作品とのコラボとしては本作が2作目となります(1作目はゼルダ無双)。

 FE無双タイトル画像

 ・発売日:2017.9.28
 ・希望小売価格:7,800円+税
 ・ジャンル:アクション
 ・開発、販売:コーエーテクモゲームス(オメガフォース、Team NINJA)
 ・公式サイト

  

良かった点

(無双シリーズとしては)戦略性の高いタクティカルアクション!

名作「戦国無双 Chronicle」のシステムを基本ベースとして、さらにファイアーエムブレムシリーズの要素を導入!「無双シリーズ」の中でも随一の戦略性の高さとなっています ( ‘ – ‘*)

■ 「剣・槍・斧の三すくみ」の要素
三すくみが有利な状態だと、相手に与えるダメージが増加したりスタンゲージの出現率が上昇するので有利に戦うことができます。逆に不利な状態の場合は、敵がガードしやすくなったりスタンゲージが出現しないなど、同じレベルの敵でも苦戦することになります。

 三すくみ画像

また三すくみの影響を受けない「魔法(魔防の低いアーマーナイトや魔物に強い)」と「弓(特殊攻撃でスタンゲージ出現)」といった武器もあり、マップによってはこれらを活用することで攻略の幅が広がるでしょう。

 ミッション画面

武器特性(飛行特攻や竜特攻など)を武器に付与することで不利な相手に対して有利な状況を作ることも可能です。あくまで無双の爽快感を重視しているゲームデザインが素晴らしいと思います (✿╹◡╹)ノ (慣れてしまえば脳筋プレイが可能なのがgood!) 

■ 「覚醒」に登場したダブル要素
味方2人で1組のユニットになるダブルシステム。後衛に入ったキャラに応じて単純にステータスが上昇するだけでなく、専用ゲージを使用することで「デュアルアタック」や「デュアルガード」ができるようになります。「デュアルアタック」を当てると問答無用でスタンゲージを発生させることができるので、不利な相手に対して有効です。「デュアルガード」は後衛が敵の攻撃を自動で1回防いでくれます。アクションが苦手な人でも安心ですね。

■ キャラクターのロスト
やっぱりこれは必要ですよね。一応、ロストしてしまっても神殿で復活は可能です(素材の消費が痛いですが…)。

 ロストキャラを復活

◆ 驚愕の全編フルボイス (*´ー`*)

奥義を出す時にキャラクターがこれでもかと喋ってくれます。

 

「支援会話」を元にした「絆会話システム」もフルボイス!作品間を越えての絆会話もありますのでシリーズのファンなら買うしかありません。

 

監修は知る人ぞ知る古参のセカンドパーティーであるイズ。この会社が携わった作品は冗談抜きで全て名作なのが凄い(「カエルの為に鐘は鳴る」もここだったのか…)。ファイアーエムブレムを愛する人しかいない会社が監修しているだけあって、各キャラの絆会話は会心の出来です。絆埋めは大変な作業ですが、お気に入りのキャラの絆会話のために頑張りたくなります。

◆ 処理速度優先モード(60F)が実装されている

デフォルトは解像度優先(30F)ですが、設定から変更することで60Fでゲームを遊ぶことができます。60F一択でしょう。

どちらでもない点

◆ 管理人のシリーズプレイ履歴

どう考えても異端&にわかファンな私でも本作はとても楽しめました。本作をプレイしてマルスやシーダ、セリカといった旧作キャラに興味を持ちました。機会があれば旧作を遊んでみたいです。

■ 無双シリーズ
・戦国無双2 with 猛将伝(Xbox360)
たぶんシリーズ初プレイ?なんだこの神ゲーは!?と感動。

・戦国無双 Chronicle(3DS)
なんと3DSローンチタイトル!そうです私はハードもソフトも発売日組のアンバサダーですw
なんか凄く忙しいけど3DSのタッチパネルで指示を出すシステムに感嘆した記憶。

・戦国無双 Chronicle 2nd(3DS)
前作が素晴らしい出来だったので購入。

・ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX(Nintendo Switch)
「ファイアーエムブレム無双」が面白かったので購入。個人的にはアクションや世界観の作り込みは「ゼルダ無双」、爽快感は「ファイアーエムブレム無双」な感じ。

■ ファイアーエムブレムシリーズ
・ファイアーエムブレム 覚醒(3DS)
当時、所属していた会社の女の子にオススメされたので購入。なんだこの神ゲーは!?と感動。

微妙だった点

◆ 可もなく不可もないストーリーと印象の薄い主人公達

時間軸を異なる設定にするしかないのはわかりますが、もう少し何とかして欲しかった。あと残念なのは主人公の使用する武器が2人とも剣な点 ( ´^`° ) なぜ他の種類の武器に持ち替え可能ではないのか疑問しかない(※)。このゲームって剣使いが多すぎるから必然的に他の剣使いに使用キャラの枠を取られてしまうのです。

 

※ 本当はマイユニットとしてキャラクターエディットをさせたかったそうです(色々な理由から実現せず残念)。

◆ 登場キャラが「覚醒」と「if」に偏りすぎている

当時のことを考えると弱気だったのかもしれませんが、それでも登場キャラが偏りすぎています。旧作のキャラがもっと欲しかった…。

 キャラ選択画面の一部 

◆ コンパチキャラが多い

DLCも含めて各キャラのアクションが水で薄めたコーラみたいな点。なんでアーマーナイトが敵にしかいないのよ!アクションの作り込みという点だけであれば、1作目の「ゼルダ無双」の方が優れています(というかゼルダ無双の作り込みが異常です)。

総評(★★★★☆)

「無双シリーズ」を遊んだことがあり「覚醒」か「if」のどちらかをプレイ済みの人であれば50時間以上は楽しめると思います。DLCも含めてやり込み要素までやろうとすると200時間あっても全く足りません。

 

意外にも「無双シリーズ」と「ファイアーエムブレムシリーズ」の相性は良い感じなので、もっと旧作のキャラが充実した「風花雪月」のキャラも入った「ファイアーエムブレム無双2」を楽しみにしています (*´ー`*) 今年(2020年)はシリーズ30周年ですよ?コエテクさん!

 

宜しくお願いします (っ_ _)っ

その他のコンテンツ

他のゲームレビューも見てみる(レビュー方針や評価についてもこちらに記載しています)
[攻略メモ] ファイアーエムブレム無双 – いっせいトライアルから運命を変えるTIPS