[ゲームレビュー] カプコン ベルトアクション コレクション ( ‘ – ‘*) 「パワードギア」「バトルサーキット」をコンシューマへ初移植!

2018年12月3日

カプコン ベルトアクション コレクション

「カプコンが確変した!」と思って勢いで購入したが、色々と過去の作品へのリスペクトが不足しているクオリティでした。もう少し情報を集めてから買うべきだったよ。 → 11/7のアプデで遅延が改善されました。

・発売日:2018.9.20(DL版)
・価格:3,056円(税抜)
・ジャンル:アクション
・開発、発売:カプコン
公式サイト

  

良い点

■ コンシューマへは初移植となる「パワードギア」「バトルサーキット」を収録!
■ その他には「ファイナルファイト」「ザ・キングオブドラゴンズ」「キャプテンコマンドー」「ナイツ オブ ザ ラウンド」「天地を喰らうII 赤壁の戦い」を含めた、計7タイトルを収録!

■ どの作品もゲーム自体は今プレイしても面白い!
■ 夏侯惇の首は飛ぶ。ジェシカも下着です(まぁ、特に修正するのもめんどくさかったんだろう)。
■ ギャラリーモードが充実している。ちなみに「パワードギア」は計33枚のイラストや設定資料やインストを閲覧できる。

どちらでも

■ 値段は3,056円(税別)とお得な価格。ただし騙されるな、海外はもっと安い。おま値だ!
■ パッケージ版はポスターと復刻版のインストポストカードが付属。でもなぜか発売日が遅い。
■ 「ファイナルファイト」のデフォルト設定がゲーセンと違って簡単な設定になっている(謎)。こうじゃない?

微妙な点

■ 遅延が致命的です。残念ながらオフラインでも遅延があります。特に酷いと感じたのは「ファイナルファイト」と「キャプテンコマンドー」。この2作品の遅延を修正せずに放置するのは、企業としてどうかと私は思う。 → 11/7のアプデで遅延が改善されました。
■ 基本的にフリープレイ設定なのでクレジットの投入は無い。クレジット投入時のサウンドが聴けない。愛が足りない。
■ オンライン協力プレイが3人以上でまともに遊べない(ゲームにならないぐらい遅延します)。それなのに2人部屋が作成できない。適当過ぎ。 → 11/7のアプデで部屋に制限がかけれるようになりました(未確認)。
■ 全体的に詰めが甘い。ゲームセンターの興奮を再び!!とか言っているのであれば、コンテニュー不可とかクレジット数の制限などが設定できたら良かったと思う。スキャンラインも無い。 → 11/7のアプデでスキャンラインが実装されました。

総評(★★★★☆)(レビュー時点でのプレイ時間:約10時間)

基板を買ってしまうぐらい「パワードギア」が好きであれば買う価値は十分にあります(私です)。

ただし、今から購入するなら遅延が少ないらしい(?)Steam版を強くオススメします。 → どの機種でも安心して購入してokです(PC版はさらに遅延が改善しているらしい)。私は持ち運びができて便利だからという理由でNintendo Switch版を購入しましたが、遅延が酷くて微妙な気分です。アップデートで後から修正されるのであれば良いのですが、最近のカプコンには期待できないのが悲しいです(ウル2とかストコレとかね・・・)。きっとアップデートされないのでしょう 。゚(*´□`)゚。 

メニューは主に「オフラインモード」「ネットワークモード」「ギャラリー」「オプション」の4つ。ネットワークモードではインターネット通信を利用した協力プレイが楽しめる。友達とプレイすると盛り上がります。

収録タイトルで個人的にオススメなのは「バトルサーキット」です。私の記憶では「ハンター2」か「セイヴァー2」との抱き合わせ販売(このソフトを買うと基板を先行販売してもらえる)だった記憶がありますが、なかなかどうしてプレイすると意外と面白い(むしろ「ハンター2」と「セイヴァー2」がクソで「バトルサーキット」の方が面白かったという・・・)。でも、グリーンだけはレバーの寿命が縮むのでオススメしません φ(・ω・`) 稼げるイエローと、特徴のあるピンクが好き。

カプコンのアクションゲームの魅力は、やっぱり動かしていて楽しい! 爽快感がある!これに尽きます。今プレイしてもその魅力は色褪せていません。本作を購入することで、今のカプコンの原点でもあるベルトスクロールアクションゲームの面白さを体験することが可能です ( ‘ – ‘*) オススメ。

そういえば「ファイナルファイト」は、まだハガーでクリアできていなかったなぁ。これを機会に頑張ってクリアを目指してみようか。

> その他のゲームレビューも見てみる

にほんブログ村 ゲームブログへ 
  にほんブログ村   全般ランキング